馬淵優佳さん 夫・瀬戸大也の200個メ決勝進出に「きょうの決勝は自信を持って楽しんで泳げると思う」

[ 2021年7月30日 08:47 ]

元飛び込み選手の馬淵優佳さん
Photo By スポニチ

 元飛び込み日本代表の馬淵優佳さん(26)が30日、日本テレビ系「スッキリ」(月~金曜前8・00)に出演。東京五輪の競泳男子200メートル個人メドレーで、夫の瀬戸大也(27=TEAM DAIYA)が決勝進出を果たしたことについてコメントした。

 瀬戸は準決勝の1組を泳ぎ、1分56秒86の2位。全体3位で決勝に進んだ。第3泳法の平泳ぎでトップに立ち、最後の自由形でも失速せず上位をキープ。全体16位だった予選から1秒92縮める巻き返しを見せた。

 「400メートル個人メドレーでちょっと失敗してしまった部分を踏まえて、いろいろこれまでのレースの中で少しずつ調整してきているので、やっとここでちょっと自分の中でのレースプランが固まってきたんじゃないかなって思います」と馬淵さん。MCの加藤浩次(52)から「最初、緊張とかいろんなメンタル面も影響したんですか?」という問いには「プレッシャーというか金メダル獲りたいという意識がすごく強かったので、そこで力んでしまったりとか決勝に備えて力を温存し過ぎてしまったというような失敗を踏まえて昨日の準決勝を泳いですごくいいタイムが出てたので、きょうの決勝は自信を持って楽しんで泳げると思う」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2021年7月30日のニュース