渡辺徹「ん?なんだなんだ?」ソフトボール決勝戦で思わぬ勘違い ファンほっこり「2度感動」「あるある」

[ 2021年7月30日 08:07 ]

俳優の渡辺徹
Photo By スポニチ

 俳優の渡辺徹(60)が30日までに、自身のインスタグラムを更新。ある勘違いをしてしまったことを明かした。

 「夕方、次男と二人で『そー言えば、今日はソフトボール決勝だったな』とテレビをつけるとまさしく熱戦中。上野さんが投げている。スコアは日本2ーアメリカ2まさしく接戦だ。アメリカの攻撃で2アウトランナー2塁『頑張れ上野!!』息子と二人声を出しての応援。『ん?なんだなんだ??』テレビ画面をよく見てみると左手上に『2008年映像』ギャー。13年前を振り返っていたのであった」とつづった。続けて「ま、応援のリハーサルがちゃんとでき、2020も見事に日本は優勝した。おめでとうございます」と13年越しの連覇を果たした選手たちを祝福。ハッシュタグに「#渡辺徹#東京オリンピック2020#ソフトボール#勘違い」と添えた。

 フォロワーからは「なんかほんわかします」「あるあるですよ」「渡辺家笑わせますね」「2度感動できましたね」「いつも楽しい家族ですね」「思わず笑っちゃいました」という声が寄せられた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年7月30日のニュース