×

松本人志 民放で20年ぶりに新作コント披露!豪華メンバー集結のTBS「キングオブコントの会」

[ 2021年6月3日 04:00 ]

コントで共演する小峠英二(左)と松本人志 (C)TBS
Photo By 提供写真

 TBSは、12日夜7時から3時間スペシャルで「キングオブコントの会」を放送することを発表した。

 出演は、松本人志(57)、さまぁ~ず、バナナマン。そして「キングオブコント」歴代チャンピオンの東京03(2009年)、ロバート(11年)、バイきんぐ(12年)、シソンヌ(14年)、ライス(16年)、ハナコ(18年)、さらにファイナリストのチョコレートプラネット、ジャングルポケット、ロッチ、さらば青春の光が一堂に会し、松本の新作テレビコント2作を含む12作品に、ブリッジコントを加えたオール新作祭りを3時間にわたって放送する。

 松本が民放でテレビコントを披露するのは、01年放送の「ダウンタウンのものごっつええ感じスペシャル」(フジテレビ)以来、なんと20年ぶり。今回、2作の新作コントを披露する。「管理人」では、バイきんぐ・小峠英二(44)と2人コント。また東京03・飯塚悟志(48)、ロッチ・コカドケンタロウ(42)、ハナコ・秋山寛貴(29)ら総勢10人で「おめでとう」を披露する。収録を終えた松本は、「みんなでコント見るの恥ずかしいですね(笑い)。あと、今回、他の人たちのコントを見ていて、やっぱりプロってすごいなって思いました。知らない間に力を付けて、コントは日々おもしろくなっています」と思いを語った。

 さらに、さまぁ~ず、バナナマン、ロッチが共演する「仁義なきマジシャン」や、さまぁ~ずとハナコ共演の「舞台監督」。さまぁ~ず・大竹一樹(53)、バイきんぐ・西村瑞樹(44)、シソンヌ、ハナコ・岡部大(31)の「キャンプ」。バナナマン・設楽統(48)、東京03の「クイズ番組」。バナナマン・日村勇紀(49)、バイきんぐ、ロッチ・中岡創一(43)、ライス、ハナコ・菊田竜大(33)、秋山が共演する「壁」など、オール新作コント12作が披露される。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2021年6月3日のニュース