×

ガッキーと星野源 電撃婚の裏に…芸能界お隣さま婚ブーム ひそかに愛育める

[ 2021年5月21日 05:30 ]

結婚を発表した星野源(左)と新垣結衣
Photo By スポニチ

 20日に結婚を電撃発表した星野源(40)と新垣結衣(32)は“お隣さま婚”だった。2人の関係が急接近したのは2018年。きっかけは新垣の住むマンションエリアの別棟に星野が引っ越したこと。芸能界では同様のケースでのゴールインが相次いでおり“お隣さま婚ブーム”が巻き起こっている。

 2人は昨年10月にTBS「逃げるは恥だが役に立つ」のスペシャルドラマの撮影で再会。終了後の同12月に結婚前提の交際が始まった。ただ、交際の噂は16年の連ドラ放送直後からあった。

 現実味を帯びたのが18年3月。女性誌が「星野が新垣のマンションの別棟に引っ越した」と報道。2人を知る関係者は「このタイミングで2人が急接近したのは間違いない。約2年後に新垣さんが引っ越したとの話もあるが、電撃結婚に向かうスタート地点はこの時です」と証言した。

 そのマンションエリアは「人目を避けることができる」として芸能界でも有名。敷地内に樹木も多く、週刊誌記者は「何度も張り込んだが2人の姿を撮影できなかった」と話す。「互いの行き来が敷地内だけなのでマスコミに見られることもない」と芸能事務所関係者。「交際の噂が浮上しても“同じ場所なだけで別の建物ですよ”と言い逃れができる」と明かす。ひそかに愛を育めるわけだ。

 4月に結婚した有吉弘行(46)とフリーアナウンサーの夏目三久(36)も、15年に夏目が有吉のマンションの別棟に引っ越した。昨年12月に結婚した松坂桃李(32)と戸田恵梨香(32)も、結婚の約2年前から同じマンションの別々の部屋で生活。松坂が先に住んでおり、後から戸田が引っ越してきた。18年結婚の三浦翔平(32)、桐谷美玲(31)も交際時は「廊下を挟んで向かいの部屋だった」(関係者)という。芸能界の“お隣さま婚”は今後も続きそうだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2021年5月21日のニュース