マヂラブ・野田 粗品を挑発「出るって言え~!」 「キングオブコント2021」エントリー受け付け開始

[ 2021年5月14日 05:32 ]

「キングオブコント2021」へ参戦を表明した(前列左から)「マヂカルラブリー」の野田クリスタル、村上、「おいでやすこが」のこがけん、おいでやす小田、(後列左から)「ザ・マミィ」の林田洋平、酒井貴士、「空気階段」の鈴木もぐら、水川かたまり
Photo By 提供写真

 コント日本一決定戦「キングオブコント2021」のエントリー受け付けが13日に始まり、昨年の漫才日本一決定戦「M―1グランプリ」を制した「マヂカルラブリー」が参戦を表明した。野田クリスタル(34)はひとり芸日本一決定戦「R―1ぐらんぷり」の王者でもあり、史上初のお笑い3冠を狙う。

 昨年、R―1とM―1をダブルで制覇したマヂラブ・野田が、いち早く出場を決めた。M―1ではしゃべらずに動き回る独特のネタで優勝。「漫才なのか」という議論も湧き起こった。野田はこの日、大会を放送するTBSを訪れ「M―1ではコントをやらせていただきましたので、キングオブコントでは漫才をやろうかな」とジョークを飛ばした。

 その野田が対決を熱望するのが「霜降り明星」。参戦は未定だが「霜降り明星は同じ2冠。最近、劇場でコントもやってる」と既に動向を調査済みだ。

 霜降り明星は18年のM―1王者。粗品(28)は翌19年にR―1を制し、史上初の2冠を達成した。野田はキングオブコントに出るか粗品に聞いたもののはぐらかされたといい「出るって言え~!」と挑発した。

 今大会から参加資格を一部変更。即席ユニットの参加がOKとなった。注目は昨年のM―1で準優勝したピン芸人のおいでやす小田(42)とこがけん(42)の「おいでやすこが」。小田は過去にゆりやんレトリィバァ(30)と組んで出ようとしたが主催者側に却下されたという。それだけに「出られるのはめちゃくちゃうれしい」と闘志を燃やした。エントリー受け付けは6月30日まで。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年5月14日のニュース