金子恵美氏 夫の“2度目不倫”に言及「実は法的措置を考えて今、弁護士と相談しています」

[ 2020年11月30日 18:07 ]

元衆院議員の金子恵美氏
Photo By スポニチ

 元衆院議員の金子恵美氏(42)が30日、文化放送「斉藤一美 ニュースワイドSAKIDORI!」(後3・30)に出演し、「文春オンライン」に再び不倫を報じられた夫の宮崎謙介氏(39)についてコメントした。

 「金子さん、また旦那さんがニュースになっていましたね」というリスナーからのメッセージに答える形で、「家庭のこのような話題でですね、お騒がせをしていることは本当に恥ずかしい限りでありますけれども。お騒がせして申し訳なく思っています」と金子氏。
 
 「前回のスキャンダルで自分自身あんなに苦しんだ時を経て、そしてやっと少しずつ再生してきているときに、また同じようなことに引っかかるのか…と。私は本当にそこはなぜ?という思いと、呆れる情けなさがあるんですけれども」と吐露しつつ、「ただ、家族なので軽蔑はしていないです」と打ち明けた。

 周囲からは「なぜ別れないのか?」と言われているという。「政治家の癖かもしれないですが、白黒ハッキリ自分で判断したいときに、私なりの判断基準というかルールがあって。明確なのでそこで判断したのみなんですよね」と金子氏。「ただ、前回と違うのは、私は実は法的措置を考えて今、弁護士のかたと相談しています」。

 29日、宮崎氏とともにTBS「サンデージャポン」(日曜前9・54)に出演し生謝罪した。金子氏は「いろいろな背景や、事情をのみ込んで謝罪に徹しました。またご意見や厳しい声もあり、それに対して宮崎本人は言いたいこともあったと思うんですけど、そこは当然、謝罪の場だったので反論はしませんでした」と告白。 「まあ私と夫と、それぞれに弁護士に相談しています」と断言していた。
 

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年11月30日のニュース