「ラストアイドル」中村守里が卒業を発表 「女優として生きていきたい」

[ 2020年11月30日 19:33 ]

 アイドルグループ「ラストアイドル」ファミリーの派生ユニット「Love Cocchi(ラブコッチ)」の中村守里(17)が30日、グループを卒業することを公式サイトで発表した。

 公式サイトは「ラストアイドル1期生の中村守里(Love Cocchi)より申し出があり、12月末までの活動をもってラストアイドルから卒業することとなりました。卒業まで引き続き応援を宜しくお願い致します」と報告した。

 中村は「私、中村守里はラストアイドルを卒業します。12月29日のラストアイドル3周年記念コンサートが最後の活動となります。突然の報告となり申し訳ありません」と公式サイトで謝罪。「元々は女優を目指して始めたこの世界でしたが、ラストアイドルに関わらせていただくことでより一歩踏み込んで自分の可能性を広げるチャンスだと思い不器用ながら必死にやってきました。いろいろな想いが詰まった3年間でした」とグループでの活動を振り返った。

 これからの活動については「そして、活動を進めていく日々を通して改めて本当に自分がしたいことがはっきりとわかるようになりました。女優のお仕事がしたい。女優として生きていきたい。その覚悟が出来ていました」と女優活動を本格的に行うことを伝えた。

 そして「ラストアイドルでの沢山の経験は、一人の人間としても成長できたように思えます。ラストアイドルでの時間、景色は忘れることは無いでしょう。3年間で感じた事、観たこと学んだ事は私の人生の中で、必ず糧になると信じています」と記し「メンバーのみんな、沢山の企画を乗り越えてきました。このメンバーに出会えて一緒に活動ができて良かったです。本当にありがとう。これからもずっと応援しています」とメンバーに感謝した。

 また「スタッフの皆様、アイドルとして未熟者な私に人前でパフォーマンスする機会を与えていただきありがとうございました。そしてファンの皆様、いつも背中を押してくれてありがとうございます。ファンの方の存在があり私がいます。ファンの方々の言葉で救われてきました。本当に感謝しています」とつづった。

 最後には「どんな選択をしても大変だろうとは分かっていますが、後悔しない選択をしました。これまでの道に、向かおうとする道に、恥のないよう覚悟を持って進みます」と伝えて締めた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年11月30日のニュース