吉本興業 17日から「吉本新喜劇」公演再開を発表 4カ月半ぶり

[ 2020年7月2日 18:08 ]

なんばグランド花月
Photo By スポニチ

 吉本興業は2日、新型コロナウイルス感染予防対策を徹底し、17日からなんばグランド花月にて「吉本新喜劇」公演を約4カ月半ぶりに再開すると発表した。

 6月19日から新型コロナウイルスの感染予防対策に基づき、全国の5劇場(なんばグランド花月、ルミネtheよしもと、よしもと漫才劇場、ヨシモト∞ホール、よしもと幕張イオンモール劇場)にて、観客を入れての公演を再開している同社。17日から再開する「吉本新喜劇」公演では、アクリル板設置、フェイスシールドなどの舞台上の規制を設けず、川畑泰史座長を中心としたおなじみの座員が笑いと人情を織り交ぜた喜劇を届ける。

 また、現在、週末の金・土・日曜日の3日間のみ実施している、観客を動員した公演も、17日より各劇場が通常の公演スケジュールで順次本格的に始動することも発表した。詳しい情報は各劇場HPで随時発表する予定。

 【吉本新喜劇出演者 7月17日(金)~21(火)】座長・川畑泰史/末成映薫、Mr.オクレ、浅香あき恵、島田珠代、烏川耕一、吉田裕、諸見里大介ほか

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月2日のニュース