八代英輝氏 自民のホテルへの“圧力疑惑”に「当初のホテルの回答が踏み込み過ぎ」

[ 2020年2月20日 12:56 ]

八代英輝弁護士
Photo By スポニチ

 弁護士の八代英輝氏(55)が20日、コメンテーターを務めるTBS「ひるおび!」(月~金曜前10・25)に出演。立憲民主党の安住淳国対委員長が19日に自民党の森山裕国対委員長と会談し、安倍晋三首相の後援会が開いた「桜を見る会」前日の夕食会場となったホテルの関係者が謝罪に訪れたとの森山氏の発言について「圧力と取られかねない」と抗議したことに言及した。

 森山氏は18日にホテルが野党議員の問い合わせに首相答弁と食い違う回答をしたことに関し、記者団に「ホテルのしかるべき方が『大変ご迷惑を掛けている』と自民党本部に来たと聞いている」と発言。自民党幹部からは「もうあそこは使わない」との発言も出て、一部で報道された。安住氏は森山氏に「非公式発言とはいえ看過しがたい。権力のおごりではないか」と指摘した。一方、首相答弁と異なる事実関係を認める回答をしたホテルは、19日に事実上の回答拒否に転じた。

 八代氏は「当初のANAホテル(ANAインターコンチネンタルホテル東京)の回答、辻元さんへの回答がプライバシーが重視されるホテルとしては、後で一般論で修正するにせよ踏み込み過ぎた回答だなって印象を受けた」と指摘。そして「ですので、私は毅然としたいうよりも腰砕けになったなっていうふうに見えるんですけど、ANAホテル(ANAインターコンチネンタルホテル東京)の対応は」と時点を展開した。

 その上で「ただ、自民党の方、権力側が例えば多くの国民の方がホテルの対応は毅然としていると思っているのも確かだと思うんです。それに対して“もう使わない”だとか“謝罪に来たんだよ”とか、ある意味、圧力と取られてもやむを得ないようなことをしてはならないですし、そういった事実があったとしたらとんでもないこと」と話した。さらに「森山国対委員長が謝罪とは直接言わないまでも、ある意味説明に来られたって言う感覚を疑いますし。安住さんが言う通りだと思うんですよ。そういったことに対する圧力っていうのは許されるものではない」と強調した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2020年2月20日のニュース