「スカーレット」武志好演 伊藤健太郎“いい子ぶり”が話題「意識して演じて」“両親”松下&戸田に感謝

[ 2020年2月20日 08:15 ]

連続テレビ小説「スカーレット」で朝ドラ初出演している伊藤健太郎(C)NHK
Photo By 提供写真

 2018年10月期の日本テレビ「今日から俺は!!」でブレイクした俳優の伊藤健太郎(22)がNHK連続テレビ小説「スカーレット」(月~土曜前8・15)で朝ドラ初出演。ヒロイン・川原喜美子(戸田恵梨香)の息子・武志を好演している。家族思いの面など優しい“いい子ぶり”を体現し、インターネット上で反響。「武志は家に帰ると家族のこともしっかり思いやれるような素敵な子。いつもの武志と、ちょっと大人でいなければいけない瞬間の武志との差は意識して演じています。その差が切なく見えたり、優しいな、いい子だなと思える部分でもあると思うので、大事にしたいと思っています」と意気込む伊藤に役作りや撮影の舞台裏などの話を聞いた。

 朝ドラ通算101作目。タイトルの「スカーレット」とは「緋色」のこと。フジテレビ「夏子の酒」「妹よ」「みにくいアヒルの子」、日本テレビ「ホタルノヒカリ」などで知られる脚本家の水橋文美江氏(56)が朝ドラに初挑戦するオリジナル作品。“焼き物の里”滋賀・信楽を舞台に、女性陶芸家の草分けとして歩み始める1937年(昭12)大阪生まれのヒロイン・川原喜美子の波乱万丈の生涯を描く。

 物語は1983年(昭58)、喜美子は45歳に。第105話(2月5日)に初登場した伊藤が演じるのは、喜美子と八郎の長男・武志。工房に出入りして育ち、常に陶芸が身近にあった。将来進む道については迷っていたが、八郎の母校・京都市立美術工芸大学を卒業後、信楽の「信楽窯業研究所」に進み、恩師の掛井(尾上寛之)から釉薬を学び続けている。明るく優しい性格。ひょうきんな一面もある。祖母・マツ(富田靖子)の布団を敷いてあげたり、グレてしまった照子(大島優子)の息子・竜也(福崎那由他)にも優しく接するなど、その“いい子ぶり”が話題になった。

 20日放送の第118話は、八郎(松下洸平)が久々に信楽を訪れ、親子3人が揃う…という展開。工房で父と2人きりになった武志は「お父ちゃんにな、聞きたいこと、いっぱいあんねん。釉薬こともやけど、お父ちゃん、今、陶芸やってへんやん。なんで、やめたん?信楽から京都に行ったのも、なんで?なんで行ったん?なんで今は陶芸やってへんの?なんでお母ちゃんと別れたん?先生にな、研究所で教わっている掛井先生、先生に言われたんや。ええ子でおったら、ええもんはできひんって言われた」と畳み掛け。“いい子脱却”を図っているのか。

 八郎は「ズッバズバ来るなぁ。まあまあ、落ち着け。落ち着こう。そない焦らんでも、今日はおるで。どこにも行かへん。お父ちゃんはどこにも行かへん。おるで。話しよ。もう、いっぱい話しよ」。離婚した両親を思い、子どもながらに気を使ってきたこともあってか、うれしさのあまり、武志の目から思わず涙がこぼれた。

 17年9~12月のNHK土曜時代ドラマ「アシガール」の制作チームと再びタッグを組む朝ドラ初出演に、伊藤は「すごく歴史のあるドラマですので、出演のお話を頂けて、とてもうれしかったですし、頑張りたいと思いました。僕自身『アシガール』への思い入れが強かったこともあり、『スカーレット』に出演できるのはすごく光栄でした」と喜んだ。

 役作りについては「関西ことばで演じるのは初めてですが、母方の祖母が三重県の人ということもあり、実は関西の地域のことばが飛び交う家で育ったので、滋賀のことばにもそんなに違和感は感じませんでした。それでもセリフを話すとなると、ことばの持っている印象が変わる感覚があって、驚きでしたね。武志という人物は幼なじみの大輔(七瀬公)や学(大江晋平)といる時はワイワイやりつつ、家に帰ると家族のこともしっかり思いやれるような素敵な子。いつもの武志と、ちょっと大人でいなければいけない瞬間の武志との差は意識して演じています。その差が切なく見えたり、優しいな、いい子だなと思える部分でもあると思うので、大事にしたいと思っています」。“いい子”のキーワードが飛び出した。

 印象に残るのは第107話(2月7日)。武志が幼い頃、テレビが家に届いた日のことを振り返り「やっと来たか、お父ちゃん。お父ちゃんやと思ったんや。お父ちゃんがやっと帰ってきたんやと思った。言わんかったけど、オレ、子どもやったし。ほやけど、テレビジョンかて、うれしかったんやで。欲しかったし、凄いうれしかった。ほやけど、その後も帰ってきいひん。お父ちゃん、なかなか帰ってきいひん。知らん間に離婚していた」と、当時の思いを喜美子に初告白したシーン。

 「両親が離れてしまったことに対する葛藤は、幼い頃から武志の中にずっとあったと思いますが、その気持ちを『言わず』にいたのかもしれないですね。母に対して変な誤解を招きたくないという武志なりの考えがあったからだとも思うし、どういうふうに言葉にしたらいいのか分かるようになり、自分の気持ちをぶつけるというシーンでした。演じながら、凄くいいシーンだなと思いました」と振り返った。

 陶芸シーンは吹き替えなし。「武志を演じるにあたって、初めての陶芸を習いました。土はひんやりしていて、気持ちいいですね!自分の思った通りの形になったらうれしいけれど、土はとても繊細なので邪念が入るとうまくいかない。すごく難しいんですけれど、楽しいんです。お稽古の過程で皿をたくさん作りました。その皿でご飯を食べる日が楽しみですね」と笑みを浮かべた。 
 「今回初めて共演した松下洸平さんが、すごく気さくに接してくださいました。カメラが回ってないところでも『お父ちゃん』という感じです。相談に乗ってくれたり、大丈夫?と気遣ってくれたりして、すごく優しいです。セリフでちょっと悩んでいる時も、松下さんが声を掛けてくださってうれしかったですね。戸田恵梨香さんも座長として『お母ちゃん』として、リードしてくれてありがたいです」と役柄同様、“両親”に感謝している。

 「子ども時代の武志の放送が長くあってから、急に僕に変わったので『武志、デカくくなりすぎ!』と思うかもしれないですけれど、視聴者の皆さんに違和感を抱かれないように演じていきたいです。『スカーレット』は陶芸のお話ですが、家族の『しあわせの価値観』の違いも描かれていたりするんですよね。川原家を見てホッコリしてもらえたり、切なくなってもらえたり、 元気になってもらえたりしたら、とてもうれしいです。大人になった武志の登場が、そのいいスパイスとなっていけたらなと思っています」

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年2月20日のニュース