藤井聡太七段が初の棋聖戦本戦進出「少しでも上に進めるように」 最年少タイトル挑戦へ望みつなぐ

[ 2020年1月28日 17:52 ]

棋聖戦2次予選決勝で澤田真吾六段を破った藤井聡太七段
Photo By スポニチ

 将棋の最年少棋士・藤井聡太七段(17)が28日、大阪市の関西将棋会館で指された棋聖戦2次予選決勝で澤田真吾六段(28)に87手で勝ち、16人による初の本戦(決勝トーナメント)進出を決めた。

 過去の対戦成績は3戦3勝と好相性。ただ、この日は得意とする角換わり腰掛け銀の戦型となったものの「非常に距離感の難しい将棋だった」と終局後に語ったように、二度の長考に沈む場面があった。それでも澤田のミスもあって最後は鮮やかに寄せきった。本戦に向けては「厳しい戦いが続くと思う。少しでも上に進めるように頑張りたい」と気を引き締めた。

 屋敷伸之九段(47)の持つタイトル挑戦の史上最年少記録(17歳10カ月)更新の可能性が唯一残されているのが、タイトルを争う五番勝負が例年6月上旬に始まるこの棋聖戦。そのことに関する質問もとんだが、「挑戦というものはまだまだ意識する段階ではない」と交わした。

 棋聖戦は全棋士と女流棋士2人で行われ、1次、2次予選をトーナメントで実施。勝ち上がった8人とシード8人で決勝トーナメントを行う。その優勝者と棋聖が五番勝負を行う。現在の冠保持者は渡辺明3冠(35=王将、棋王も保持)。

 タイトル獲得の史上最年少記録(屋敷の18歳6カ月)更新については棋聖戦のほか王位戦、王座戦、竜王戦までチャンスがある。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年1月28日のニュース