丸山桂里奈 東出不倫で持論「“すぎちゃう”というのがダメ。顔面は普通が一番」

[ 2020年1月28日 21:52 ]

丸山桂里奈
Photo By スポニチ

 サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」で活躍し、現在はタレントとして活動する丸山桂里奈(36)が28日、TOKYO MX「バラいろダンディ」(月~金曜後9・00)に出演。女優・唐田えりか(22)との3年近い不倫が原因で、妻で女優の杏(33)と別居していることが明らかになった俳優の東出昌大(31)について言及した。

 丸山は、一連の報道を受けて「“すぎちゃう”というのがダメだと思う。おいしすぎるとかいうのも、頑張りすぎちゃうとかいうのもダメだし」と語り、東出について「かっこよすぎてモテすぎたというのがそういう結果を招いたと思う」と評し、「顔面は普通が一番なんだと思います」と持論を語った。

 さらに過去には「8股されたことがある」と自身の恋愛遍歴にも触れ「(不倫問題に対して)言えるような立場じゃない」とも話し、コメンテーターの玉袋筋太郎(52)らからは「1日1人付き合ってもはみ出ちゃうんじゃ…」とイジられ、スタジオは笑いに包まれていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年1月28日のニュース