山田涼介主演「記憶屋」 中島みゆきが歌う「時代」が主題歌に 75年リリース以来初

[ 2019年12月10日 19:07 ]

映画「記憶屋―あなたを忘れない―」完成披露メモリアルイベントに登壇した(左から)平川雄一郎監督、泉里香、佐々木蔵之介、山田涼介、芳根京子、蓮佛美沙子、濱田龍臣
Photo By スポニチ

 Hey!Say!JUMPの山田涼介(26)が主演する映画「記憶屋―あなたを忘れない―」(来年1月17日公開)完成披露メモリアルイベントが10日、都内の映画館で行われ、シンガーソングライターの中島みゆき(67)のヒット曲「時代」が主題歌として起用されることが発表された。

 1975年にリリースされ、同年に開催された「第6回世界歌謡祭」でグランプリを受賞した名曲で、これまでさまざまなアーティストがカバーしてきた。主題歌となるのは中島が1993年に再録したもので、中島が歌う同曲が映画の主題歌に採用されるのは今回が初めて。

 今回は映画の内容にちなみ、世代を超えて人々の記憶に残る名曲として起用。新たに解禁された予告編の上映とともに主題歌が発表されると、山田も「(主題歌だと聞いて)なんてこの映画にぴったりの主題歌を持ってきたんだろうと思った。内容にすごくリンクしている歌詞が多くて、この映画の良さをより出してくれているな」と感激。「いろんなアーティストがカバーしてきている名曲なので、この時代に中島みゆきさんの『時代』が新たな1ページをめくるんだなと思うと嬉しいですね」と喜んだ。

 15年に日本ホラー小説大賞の読者賞を受賞し、累計50万部を超える織守きょうや氏のヒット小説の映画化。人の記憶を消せる都市伝説的な存在「記憶屋」を巡る物語で、山田は恋人の記憶を取り戻すため、記憶屋探しに奔走する大学生・遼一役で、遼一の記憶を失くした年上の恋人・杏子役を蓮佛美沙子(28)、遼一の幼なじみ・真希役を芳根京子(22)、遼一の先輩で弁護士の高原智秋役を佐々木蔵之介(51)がそれぞれ演じる。イベントには、山田、芳根、佐々木、蓮佛のほか、泉里香(31)、濱田龍臣(19)も出席した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2019年12月10日のニュース