NHK「事実確認中」沢尻エリカ容疑者逮捕 来年大河「麒麟がくる」濃姫役

[ 2019年11月16日 17:13 ]

沢尻エリカ容疑者
Photo By スポニチ

 女優の沢尻エリカ容疑者(33)が合成麻薬MDMAを所持したとして、麻薬取締法違反の疑いで警視庁組織犯罪対策部に逮捕されたことが16日、分かった。

 沢尻容疑者は来年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」(1月5日スタート、日曜後8・00)に斎藤道三(本木雅弘)の娘・帰蝶(濃姫)(のちの織田信長の正妻)役でレギュラー出演。NHKは「現在、事実関係を確認中。今後の対応は検討中」とコメントしたが、初回から登場する重要な役だけに早急な対応を迫られる。今年6月にクランクイン会見が行われ、撮影が進んでいる。

 沢尻容疑者は大河初出演。今年3月の会見で感極まった表情でマイクを握ると「12歳で芸能界に入って、多くのことを経験させていただいて、たくさん失敗もして、挫折もして、ここまでやって来ることができました」と目が潤み「自分が持っているものすべてをこの作品に捧げたい。沢尻エリカの集大成をここで見せたい」と意気込んでいた。

 今年の大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」も、俳優のピエール瀧(52)が3月に逮捕。麻薬取締法違反の罪に問われ、懲役1年6月、執行猶予3年(求刑懲役1年6月)の有罪判決。三宅弘城(51)を代役に立て、撮り直しを余儀なくされた。大河ドラマは再び激震に見舞われた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年11月16日のニュース