ゆきぽよ、お酒の飲み過ぎたたり深夜に緊急搬送…血液検査で異常値、精密検査で病名発覚

[ 2019年11月11日 07:00 ]

アルコールの過剰摂取が心配されていたゆきぽよ(C)TBS
Photo By 提供写真

 11日放送のTBSの医療バラエティー「名医のTHE太鼓判!」(月曜後7・00)で、モデルの「ゆきぽよ」こと木村有希(23)がVTR出演。アルコールの過剰摂取と不規則な生活がたたって病院に緊急搬送されていたことが判明し、その不摂生な生活が明らかに。プロの医師団から余命をズバリ宣告される。

 今回は、家族やマネジャーなど身近にいる人が「心配だから調べてほしい!」という健康に懸念のあるゲストたちの体を徹底的に検査。余命に影響のある脳、血管、膵(すい)臓、胃、肝臓、食道、腸、おなか、肺、胆のうと体の隅々までを検査してわかった「人間ドック」の結果と日頃の食生活をもとに、プロの医師団が身体に問題を抱えた芸能人にズバリ余命を宣告し、誰もが陥りがちな原因と、名医が太鼓判を押すその対策法をお届けする。

 天心らんまんで歯に衣(きぬ)着せぬ発言で人気を集める彼女の体調を心配しているのは、ゆきぽよが芸能界で一番信頼を寄せているというタレントのはるな愛(47)だ。SNS等で時折見る写真などから「お酒を浴びるように飲んでいるみたいで心配。飲んで発散したい気持ちも分かるけど、ノリには流されないでおいしいお酒を飲んでほしい」とポツリとこぼす。

 そんなゆきぽよの日常に番組が密着中、腹痛を訴えて深夜に緊急搬送されていたことが明らかになる。

 とある番組の収録後、前夜から痛みを感じていたという腹痛の症状が悪化し、「歩くのもツライ。まるで胃腸が雑巾絞りをされているような痛み」と症状を訴えたゆきぽよは、当番組にも出演する内科医・大谷医師の元に駆け込んだ。腹痛を感じているにも関わらずに前夜に激辛料理や多量のアルコールを摂取していたことを明かし、血液検査を行ったところ、白血球の数値が基準値を大幅にオーバー。診断した大谷医師も「これは即刻、大きな病院できちんと検査をしたほうがいい」と告げ、救急車で緊急搬送された。

 精密検査の結果、肝臓や胃腸を覆う膜に炎症が起き、腹膜炎であることが判明。果たしてゆきぽよが腹膜炎にかかった原因とは。

 そして、アルコールの過剰摂取や栄養バランスのとれていない食事、不規則な生活と数多くの問題点が浮き彫りになったゆきぽよに告げられた余命は一体何年なのか。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年11月11日のニュース