菅田将暉 舞台で「狂気の暴君」演じる「破天荒な印象」

[ 2019年11月9日 05:30 ]

眉毛を薄くメークし、狂気の暴君カリギュラを演じる菅田将暉
Photo By スポニチ

 俳優の菅田将暉(26)が8日、東京・新国立劇場で主演舞台「カリギュラ」の公開稽古を行った。

 演じるのは「狂気の暴君」として知られるローマ帝国第3代皇帝のカリギュラ。「破天荒な印象だったけど、共感できる部分もある。イラッとすることやマイナスな気持ちを昇華する方法は人によって違う。カリギュラは非情な手段を選ぶということ」と分析。

 自身のイラッとしたエピソードを聞かれると「トイレしたくてコンビニ入って(トイレに)人が入っていた時」と笑わせた。

 高杉真宙(23)秋山菜津子(53)らが共演。9日から24日まで同所で。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年11月9日のニュース