NHKニュース、視聴率38.3% 台風19号の情報注視か

[ 2019年10月16日 05:30 ]

東京・渋谷区のNHK社屋
Photo By スポニチ

 台風19号の最新情報を伝えた12日のNHK「ニュース645」(土日祝後6・45)の平均視聴率が38・3%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)と、ラグビーW杯の日本―スコットランド戦の39・2%に次ぐ高視聴率を記録した。

 台風19号が静岡・伊豆半島に上陸したのが、放送終了間際の午後7時前。大規模な計画運休の影響で帰宅していた人も多く、テレビで台風情報を注視する視聴者が多かったとみられる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年10月16日のニュース