ミス・ジャパン審査員の西川史子 土屋炎伽さん“決め手”は「お姉さんだったから」

[ 2019年9月22日 11:41 ]

医師でタレントの西川史子
Photo By スポニチ

 「ミス・ジャパン」初代グランプリに輝いた土屋炎伽(ほのか)さん(27)が22日、TBS「サンデージャポン」(日曜前9・54)に生出演。大会を振り返り、妹で女優の土屋太鳳(24)について「驚いてましたし、喜んでくれました」と様子を伝えた。

 太鳳からは「おめでとう。落ち着いたら、お家でお祝いしようね」と言葉をかけてもらったと報告。弟も「みんなで、これはお祝いしたいね」と話しているといい、きょうだいの仲の良さも滲ませた。

 東京大会の審査を務めた医師でタレントの西川史子(48)は、選考で光った点について問われ、「(土屋太鳳の)お姉さんだから」と一言。スタジオ中の笑いをとった後、大会出場者は「全員キレイなんですよ」と前置きし、炎伽さんについては「一緒に出ている他の人たちからも『本当に性格がいい』というのは聞いていました。『彼女が選ばれるんだったら全然認められる』って。それぐらい」とライバルの声を紹介。性格の良さについては「ウソか本当か分からないですよ」と付け加えたうえで、決定的だった点について「お姉さんだから」と言い直して再び爆笑を誘った。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年9月22日のニュース