Hey!Say!JUMP知念侑李、いつもは先輩に遠慮!?「東山さんとかいる中で…」

[ 2019年9月22日 16:05 ]

「世界体操 シュツットガルト 2019」で、メインキャスターをつとめる松岡修造(左)とプレゼンターの知念侑李(右)(撮影・信永 真知子)
Photo By スポニチ

 元テニス選手の松岡修造(51)が番組メインキャスター、Hey!Say!JUMPの知念侑李(25)が番組プレゼンターを務めるテレビ朝日「世界体操 ドイツ・シュツットガルト2019」の記者会見が22日、都内で行われた。同大会に出場する日本代表選手らも会見に出席し、それぞれが目標を語った。

 今大会への想いを「ブリッジ」と表現した橋本大輝選手(18)は「去年の今頃は、まさか自分が代表に入っているとは思わなかった。意識ひとつでここまで変わった」と打ち明け、「『つないでいく』という動作が、今年の目標、金メダルにつながる。(選手団の中で)最年少であっても、自分がつないでいくことが必要」と熱く答え、松岡に「メンタルも1番強い感じがある」と褒められた。

 そこへ知念が「これだけ先輩方がいる中で1番に声を出して盛り上げることができるのは、すごい」とフォロー。「僕はやっぱりジャニーズの東山さんとかいる中で、声が出せない」と打ち明けると、選手にも笑みがこぼれた。

 さらに松岡から「ブリッジにならないと」と迫られると知念は「今年も日本の体操と、視聴者をつなげたい」としっかりとアピールをした。

 「世界体操 ドイツ・シュツットガルト2019」はテレビ朝日系列で10月8日から6夜連続放送。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年9月22日のニュース