指原莉乃 後輩・矢作萌夏の“失言”をバッサリ「自分がかわいいから…」

[ 2019年9月22日 22:42 ]

タレントの指原莉乃
Photo By スポニチ

 タレントの指原莉乃(26)が22日放送の日本テレビ「行列のできる法律相談所」(日曜後9・00)にVTR出演。後輩であるAKB48の矢作萌夏(17)に対し「失礼なんですよね」とその自由すぎる発言に物申した。

 矢作はデビュー1年4カ月にして、AKB48令和初の新曲「サステナブル」のセンターの座を射止めた新エース。グループをけん引してきた指原の卒業後初のシングルでの大役を務めた。

 ルックスも歌唱力も抜群。頼もしい後輩の出現だが、この日の番組前半に17歳である矢作に「(AKB48の他メンバーの)周りは20代?」との質問が飛ぶと、矢作は「そうですね、結構、高齢…いや高齢ではない」と“失言”する場面も。このような数々の自由な発言に対し、大先輩の指原が「失礼なんですよね。失礼です」とバッサリ。

 指原は「9~10年ぐらい後輩になるんですけど…」と切り出し、「私が“タメ口でいいよ”ってノリで言ったら、本当にオールタメ口。あんな子はいなかったです」と少し困惑顔。そして「基本的に自分がかわいいから、人の顔に対して厳しい」と指摘した。

 まず番組で共演したときのエピソードを告白。指原が「唯一、萌夏だけが凄く私のことかわいい~って言ってくれて。ねっ」と矢作に話を振ると「本当にかわいくて、凄く憧れなんです」とコメント。だが、指原が「私と顔替える?」と尋ねると「嫌だ」と即答。共演者の笑いを誘っていた。

 さらに、矢作がイベントで尊敬する先輩について質問された際には「脳内は指原さんみたいな女性になりたいです」と限定的な回答。記者から「脳内以外はかわいくない?」とつっこまれると「まあ、そうなっちゃいます」と笑顔で話した。

 あとから「ウソです!」と付け加えるも、指原の指摘は止まらない。矢作が、指原の顔写真がプリントされたTシャツを「毎日着てるよ!」とコメントをつけて写真を送ってきたことを明かす。先輩思いのエピソードに聞こえるが「(矢作が)自分の顔をかわいく撮ることに必死すぎてここの私がめっちゃブス」と、キメ顔の矢作とは対照的に顔のプリント部分がしわしわになった画像が送られてきたことを明かした。

 もろもろの指摘を受けた矢作だが、司会の後藤輝基(45)から「指原が好きなんや」と問われると「はい、大好きです」と即答。自撮りする際のかわいい映り方などをよく話すと言い「顔の相談はよくさっしーにします」とアイドルの先輩後輩として仲の良さをうかがわせるエピソードを笑顔で口にした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年9月22日のニュース