アントニオ猪木氏 さんまに“闘魂注入”政界引退後初テレビ出演

[ 2019年9月8日 06:00 ]

「さんまのまんま」に出演するアントニオ猪木氏
Photo By 提供写真

 元プロレスラーで前参院議員のアントニオ猪木氏(76)が13日放送のフジテレビ系特番「さんまのまんま 俺もそろそろ結婚したいなSP」(後8・00)に出演する。政界を引退してからテレビに出演するのは初。明石家さんま(64)とのトークの中で議員時代の秘話や今後の活動について明かす。「1、2、“さんま”、ダー!」と、おなじみのフレーズをもじった“さんまバージョン”の気合注入も行った。

 猪木氏は、収録を終えて「自分は政治家よりこっち(バラエティー)のキャラクターが向いてるかな」とコメント。さんまについて「周りをリラックスさせて、盛り上げて、次々と会話をつなげていく。“選ばれた人”って感じがするね」と絶賛した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年9月8日のニュース