玉川徹氏 あおり殴打男の服装に「六本木あたりにもいる。小さい会社経営してっていうふうな…」

[ 2019年8月19日 10:11 ]

テレビ朝日の社屋
Photo By スポニチ

 テレビ朝日の玉川徹氏が19日、同局「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜前8・00)に生出演。茨城県守谷市の常磐自動車道で起きたあおり運転殴打事件で、茨城県警が傷害容疑で指名手配していた男(43)を、大阪市内で逮捕したことに言及した。

 男は身柄確保の際、「触んな!」「出頭させろや!」と報道陣や警察官に怒鳴り散らし、激しく抵抗。容疑については「殴ったことは間違いない」と認めているという。県警は、男の逃走を助けたとして犯人蔵匿と犯人隠避容疑で、交際相手の女(51)も逮捕した。殴打事件では男の車に同乗し“ガラケー”を手にしながら被害者の車に近づき、暴行の瞬間を撮影したとみられる。

 玉川氏は、常磐自動車道でのあおり運転の映像について「(乗っていた)車から(男が)反社じゃないってことになると、やっぱり会社経営者かなあっていうふうにちょっと思った」と自らの分析を明かした。その上で「よくああいう格好してる人いますよ、六本木あたりにも。ちょっとした小さい会社経営してっていうふうな人に多い服装だったりしたんで。だからそこについては意外性はなかった」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年8月19日のニュース