太田光 常磐道あおり男に「“アンパンマン”を見ていたのでしょうか」

[ 2019年8月18日 10:42 ]

爆笑問題の太田光
Photo By スポニチ

 爆笑問題の太田光(54)が18日、MCを務めるTBS「サンデージャポン」(日曜前9・54)で、茨城県守谷市の常磐自動車で起きたあおり運転殴打事件に言及。傷害容疑で指名手配された宮崎文夫容疑者(43)に対して「この、あおりの犯人も“アンパンマン”を見ていたのでしょうか」とコメントした。

 番組では今月12日にTwitterでトレンド入りした「#アンパンチに代わる非暴力的な解決策」というワードに関連して討議。11日に投稿された「『アンパンチ』で暴力的に?心配する親も…メディアの暴力シーンは乳幼児にどう影響?」という記事をめぐり、論争が起きていることを紹介した。

 「アンパンチ」とは、日本テレビ系「それいけ!アンパンマン」の主人公アンパンマンが繰り出す攻撃。悪さをするばいきんまんを「アンパンチ」でこらしめることについて、「この場面を見た乳幼児が『暴力的になる』と心配する親の声がネット上に投稿された。

 太田は「じゃあ、ばいきんを殺さないのか?という話にもなっちゃう」と指摘。「アンパンチよりも、自分の顔を食べさせることの方が残酷だと思う」と持論を展開して笑いを誘った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年8月18日のニュース