ダイアモンド☆ユカイ 絶頂からの大転落「真剣に考えたね。自殺しようと思った」

[ 2019年8月18日 20:42 ]

ダイアモンド☆ユカイ
Photo By スポニチ

 歌手でタレントのダイアモンド☆ユカイ(57)が17日放送のテレビ朝日「いまだにファンです!」(土曜深夜1・30)に出演。死をも意識した暗黒時代について語った。

 ユカイは現在、歌手としてだけでなく、俳優や声優、タレントなど幅広い分野で活躍。妻と3人の子供がおり、よき父親ぶりを見せている。

 そんなユカイだが、すべてが順風満帆とはいかなかった。ユカイは1986年に伝説のロックバンド「RED WARRIORS(レッド・ウォーリアーズ)」のボーカルとしてデビュー。圧倒的なパフォーマンスと甘いルックスで、「THE BLUE HEARTS(ザ・ブルーハーツ)」などと共にロック界を席巻した。しかし人気絶頂の中、わずか3年後の1989年にまさかの解散。ユカイはソロ活動を始めることとなる。ただ、バンド時代のような爆発的な人気は得られず、ファンは遠のくばかり。武道館を満杯にしていた男が、「小さいライブハウスに5、6人集めるのがやっと」という状況にまで落ちぶれてしまった。

 バンドを再結成してもうまくいかず、自らが立ち上げた企業も失敗。さらには元アイドルグループ「CoCo」の三浦理恵子との離婚など、立て続けに災厄が訪れ、「気が付いたら独りぼっちになってた」という。あまりのみじめな状況に「真剣に考えたね。自殺しようと思った」と振り返るユカイ。「原因は俺。ずっと付け上がったまんまでいたから」と、自業自得であったことを明かしていた。

 ユカイは生活費を稼ぐため、ライブハウスを借り切ってファンを集め、私物を出品するオークション大会を開催したことも。MCの今田耕司(53)は「そんな苦労してたんや…私物を売るしかないと…」と絶句していた。さらにユカイは「助かったね。(商売道具の)ギターとかも売っちゃってたもん」と、極限状態にあったことも告白。スタジオからは驚きの声が上がっていた。

 ファンの中にはユカイの切羽詰まった姿を見るに堪えられず、服(衣装)をプレゼントし続けた強者もいた。「かなり助かったね。だってブランド品のいいものをいただくから…」と感謝しきりのユカイ。その衣装代の総額は車1台分にも及んだという。

 熱烈なファンに支えられながら、どん底から這い上がったユカイ。今田は「いやホンマ、あそこまでの暗黒時代があったとは知らなかったです。イメージが変わりました」と、ユカイを讃えていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年8月18日のニュース