東方神起 大トリで大阪のファン魅了 ユンホ「懐かしいステージに上がれて嬉しい」

[ 2019年8月18日 20:28 ]

大阪・ヤンマースタジアム長居で開催された音楽フェス「a―nation」2日目、大トリで登場した東方神起のユンホ(中央左)とチャンミン(中央右)
Photo By 提供写真

 韓国人デュオ「東方神起」が18日、大阪・ヤンマースタジアム長居で前日17日から開催されている音楽フェス「a―nation」の大トリで登場した。

 6年ぶりに大阪開催で登場し、ユンホ(33)は「懐かしいステージに上がれて嬉しい」と笑顔。新曲「Hot Hot Hot」を披露すると、会場の盛り上がりは最高潮に。日本デビュー15周年を記念し、新曲12曲を含んだ新アルバム「XV」を10月16日にリリースすることも発表。全国5大ドームツアーの11月スタートもすでに決まっているが、チャンミン(31)は「2人で頑張ります」と宣言し、ファンを歓喜させた。

 今年のa―nationは青森、三重、福岡を含む4会場で10万6000人を動員。歴代総計608万6000人となり、600万人の大台を超えた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年8月18日のニュース