×

「24時間テレビ」駅伝4人目ランナーは当日スタート時に発表 春菜&よしこは距離短縮

[ 2019年8月18日 20:54 ]

日本テレビ「24時間テレビ」で駅伝形式で行われるチャリティーマラソンのランナーを務める(左から)ガンバレルーヤのよしこ、ハリセンボンの近藤春菜、いとうあさこ
Photo By スポニチ

 日本テレビは「24時間テレビ42」(24~25日)の4人目のチャリティーランナーについて、放送当日の駅伝スタート時に発表すると18日放送の「世界の果てまでイッテQ!」で告知した。

 また、チャリティーランナーを務めるハリセンボン・近藤春菜(36)とガンバレルーヤ・よしこ(28)の走行距離を、当初の42・195キロから10キロ短縮した32・195キロに変更する。猛暑による熱中症や、怪我のリスクを考慮しての措置。いとうあさこ(49)は予定通りフルマラソンの42・195キロを走る。4人目のランナーはいとうと同じく42・195キロを走るため、4人の合計距離は148・78キロとなる。

 坂本雄次トレーナーから距離短縮を告げられた春菜は「複雑。最初に言っていただいた距離を達成できなかった」と率直な思いを吐露。だが、坂本トレーナーから「ネガティブに考えることはなくて、春菜さんにとっては高いハードル。コースの中には厳しい坂もある」と説明を受け、駅伝当日へ気持ちを高めていた。

 今年のチャリティーマラソンは「人と人~ともに新たな時代へ~」のテーマに沿い、4人がタスキをつないで走る駅伝方式で行われる。毎年恒例の日本武道館が20年の東京五輪・パラリンピックへ向けた改修工事のため、初めて東京・両国国技館のゴールを目指す。

続きを表示

「美脚」特集記事

「矢沢永吉」特集記事

2019年8月18日のニュース