GLAY「今年こそは紅白」 節目の25周年で20年ぶり返り咲き狙う

[ 2019年8月18日 20:30 ]

メットライフドームライブを開催し「7つの公約」の1つを果たすGLAY。熱唱するTERU
Photo By 提供写真

 ロックバンド「GLAY」が18日、埼玉・メットライフドームで特別公演を行った。

 デビュー25周年記念の「7つの公約」のうち、全国ホールツアー、令和初シングルに続く3つ目を実現させるステージ。同所での公演は21年ぶりで、ドーム公演は15年の東京ドーム以来、4年ぶりとなった。

 観客3万人がざわついたのはオープニング映像。「今年こそは紅白」というリーダーのTAKURO(48)のコメントが映し出されると、すぐにファンのSNSなどで拡散された。

 GLAYはNHK紅白歌合戦に97~99年に出場。計3回の紅白で歌唱してきた「HOWEVER」「誘惑」「サバイバル」の3曲は、この日の公演で全て披露。最近の紅白は、アーティストの「周年」という節目をきっかけに初出場や返り咲きをさせるケースが目立つだけに、25周年を迎えたGLAYの20年ぶりの返り咲きは現実味を帯びそうだ。

 17日を「良いGLAY」、18日を「悪いGLAY」と題した2日間連続公演。事前のファン投票で1位を記録した「pure soul」などベスト3を披露した17日に対し、18日は最下位281位の「WHY DON’T WE MAKE YOU HAPPY」などワースト3を披露。スクリーンにアラビア語で「FATSOUNDS」の歌詞を映し出し、TERU(48)が「一緒に歌ってよ」と観客に“イジワル”に求めるシーンも。最新曲「YOUR SONG」ではMISIA(41)がゲスト出演するなど、スペシャルな全22曲のステージで3万人を盛り上げた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年8月18日のニュース