上野樹里 13年ぶり月9に意気込み「震災しっかり演じたい」

[ 2019年6月29日 05:30 ]

ドラマ「監察医 朝顔」舞台あいさつを行った(前列左から)山口智子、上野樹里、時任三郎、風間俊介(後列左から)平岩紙、板尾創路、中尾明慶、森本慎太郎
Photo By スポニチ

 女優の上野樹里(33)が28日、都内で行われた主演を務めるフジテレビ月9ドラマ「監察医 朝顔」(月曜後9・00、7月8日スタート)の舞台あいさつに出席した。

 06年「のだめカンタービレ」以来、13年ぶりの同枠出演。「自分にとって大きな経験をしている枠。元号が変わっても、忘れてはいけない大きなテーマ(東日本大震災)があるので、しっかり演じたい」と意気込んだ。共演は時任三郎(61)、風間俊介(36)、山口智子(54)ら。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2019年6月29日のニュース