さんま 闇営業問題で嘆き「山ちゃんの結婚ですごくよかったのに…」

[ 2019年6月29日 22:33 ]

明石家さんま
Photo By スポニチ

 MBSラジオ「ヤングタウン土曜日」(土曜後10・00)のレギュラー・明石家さんま(63)は29日の放送で、吉本興業の芸人13人が闇営業で謹慎処分を受けたことについて「反社会勢力と付き合ったらダメだけど、オレも入江に頭を下げられたら断れなかったと思うなあ」と話した。

 番組冒頭から15分間のオープニングでは村上ショージ(64)らと闇営業問題の話に終始。「吉本がいろいろ話題をかっさらってる。山ちゃんの結婚ですごくよかったのに…」と嘆き節。

 過去に、吉本の後輩から会社側にギャラアップの交渉をするように何度もお願いされていることも明かし、吉本から芸人に対して「不祥事が続いているので、六本木など繁華街には行かないように、甘い誘いに乗らないように」と指導があったと話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2019年6月29日のニュース