三遊亭金馬 次男に名跡譲る 金時「大きな名前に負けず頑張りたい」

[ 2019年6月25日 05:30 ]

来年秋、三遊亭金時に「金馬」の名跡を譲る落語家の三遊亭金馬
Photo By スポニチ

 落語家の大ベテラン三遊亭金馬(90)が来年秋、次男で落語家の三遊亭金時(56)に「金馬」の名跡を譲り、自身は「金翁」を名乗る予定であることが24日、関係者の話で明らかになった。金時は五代目として金馬を襲名する。

 金馬は「昨年夏に体調を崩すなどして活発に動き回れないので、金馬の名前は譲って、自分は隠居名で活動したい」と言い、金時は「大きな名前に負けず頑張りたい。来年の襲名興行を父と華やかに務めたい」と話している。

 金馬は三代目金馬に入門、小金馬を名乗っていた際に「お笑い三人組」で人気者に。1967年に四代目金馬を襲名。金時は86年に父である金馬に入門、98年に真打ちに昇進した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年6月25日のニュース