NHK「ノーナレ」ネット上の憶測否定 別の今治タオル企業に中傷「番組で取り上げた会社ではない」

[ 2019年6月25日 23:30 ]

 NHKは25日、24日に放送したナレーションなしのドキュメンタリー「ノーナレ」(後10・50)の内容についてインターネット上で広がっている憶測を番組公式サイトで否定した。今治タオルの縫製工場で技能実習生として働くベトナム人女性を取り上げたが、その劣悪な労働環境から、特定の企業を“ブラック”などと中傷する書き込みが相次いだため。「その企業は、当番組で取り上げた会社ではありません」としている。

 番組公式サイトは「6月24日放送の『ノーナレ 画面の向こうから』で、外国人技能実習生の状況について取り上げました。放送後、この番組で実習生が働いている会社として、特定の企業(森清タオル・オルネット)を中傷する内容がインターネットに書き込まれていますが、その企業は、当番組で取り上げた会社ではありません」とした。

 名指しされた森清タオル・オルネット(愛媛県今治市)も公式ブログで「6月24日にNHKの『ノーナレ』という番組で今治のタオルの縫製工場が取り上げられました。当社ではないかという問い合わせが何件か寄せられていますが、当社は関連会社を含め、技能実習生の雇用をしておりません」と否定し「今後もみなさまに愛される会社を目指して参りますので、よろしくお願いいたします」と呼び掛けた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニー喜多川」特集記事

2019年6月25日のニュース