宇垣美里“言わせない”恋愛観を披露 西野七瀬「今まで聞いたことない…特殊です」

[ 2019年6月19日 14:03 ]

宇垣美里
Photo By スポニチ

 フリーアナウンサーの宇垣美里(28)が18日深夜放送の関西テレビ「グータンヌーボ2」(火曜深夜0・25)に出演し、自身の独特な恋愛観について語った。

 「理想の告白」についてトークを展開される中、宇垣アナは「自分の中に決めてるルールじゃないんですけど…」と切り出し「3回目までに相手から告白されなかったら、もうないなって思う」「逆に1回目で“この人ないな”って思ったら2度と2人で行かない」と告白。相手へ好きな気持ちが残っていたとしても「その時はパーンって友達に」切り替えるといい、「好きになれる人ってことは親友にもなれるってことだから」と持論を語った。

 西野七瀬(25)が「もしかしたら相手の人は4回目で気持ちを言おうとしてたとして。でも3回目で終わっちゃって…」と相手の心中を推測したが、これには「“ご縁が無かった”みたいな。だってその人とテンポが合っていないじゃないですか」とバッサリ。さらに「じゃあもし2回目に言われたらOK?」との質問にも、宇垣アナは「言わせないと思います。言いそうになったら“次楽しみだね”みたいな」。これに西野は「(好きと)言わせないってすごい。特殊です。今まで聞いたことない恋愛観…」としみじみ語った。

 「理想のプロポーズ」について、宇垣アナは「ひざまづいて(指輪の箱を)“カパッ”みたいな」と王道スタイルを希望。一方、西野は「嫌だなって思う」プロポーズについて語り「ちょっと良いレストランに行って、シャンパンの中に(指輪)…」。実際に実行した男性からのエピソードだといい「“やりました”みたいに言ってて。それはないと思います…」ときっぱり語っていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年6月19日のニュース