堀ちえみ 大腸ポリープ見つかるも「悪性ではありませんでした」と安ど「今夜はぐっすりと眠られそう」

[ 2019年6月14日 16:48 ]

タレントの堀ちえみ
Photo By スポニチ

 2月の舌がん手術に続いて4月には食道がんの手術を受けたタレントの堀ちえみ(52)が14日、自身のブログを更新。大腸検査を受けた際に見つかったポリープが悪性ではなかったことを報告した。

 「リハビリの前に、消化器内科の外来を受診。先日の大腸検査の時にポリープが見つかり、病理検査に出して結果待ちでした。今日はその結果も。結果は悪性ではありませんでした」と明かした。

 5月31日のブログで大腸検査について報告した際に「一応一個ポリープがあり、病理検査に出してもらうそうですが、見た感じではほぼ悪性ではないでしょう、との事でした」と記していた堀。「実のところ私も、それほど気にはしていませんでした。でも大丈夫だったと聞いたら、やはりホッとするものですね。今夜はぐっすりと眠られそうです」と安どしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年6月14日のニュース