腎臓移植手術の南部虎弾 15日に退院「今後とも誠心誠意努力」

[ 2019年6月14日 16:41 ]

電撃ネットワークの南部虎弾
Photo By スポニチ

 腎臓移植手術を受け都内の大学病院に入院している過激パフォーマンス集団「電撃ネットワーク」の南部虎弾(なんぶ・とらた、67)が14日、自身のツイッターを更新し、15日に退院することが決まったことを発表した。

 南部は「兼ねてより、ご心配をお掛けしておりました。腎臓移植手術 無事、夫婦共に成功した事はここにご報告させて頂きます。そして、明日6月15日に退院が決まりました事をご報告させて頂きます」と報告。

 「皆さまにご心配、ご迷惑お掛けしました事を、深くお詫び申し上げます」と謝罪しつつ、「今後とも誠心誠意努力して参りますので、皆様からの変わらぬご支援の程、よろしくお願い致します」とつづった。

 南部は5月28日に妻をドナーとする腎臓移植手術が成功し、その後の経過も順調。今月中は大事をとり自宅療養するものの、7月には「何本かテレビの仕事を入れ始めている」という。「体調を見ながら、徐々に仕事を増やしていきたい」と意欲を見せていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年6月14日のニュース