山口真帆の告発ツイート AKS松村取締役が見解 謝罪文「私ではない」メンバー責任は依然「不問」

[ 2019年3月22日 17:03 ]

第三者委員会の調査報告書の説明会に出席した(左から)NGT劇場支配人の早川麻依子氏、AKS運営責任者の松村匠取締役、NGT劇場副支配人の岡田剛氏。松村氏と岡田氏が山口真帆のツイッターを確認する
Photo By スポニチ

 NGT48の山口真帆(23)が昨年12月8日に暴行被害に遭った事件で、グループを運営する「AKS」は22日、新潟市内で、弁護士3人による第三者委員会の調査報告書の説明会を行った。会見中、リアルタイムで中継を視聴していたとみられる山口がツイートを更新。「証拠がないと仰っていますが、犯人グループとの交際を認めたメンバーもいます」などと告発し、運営側が説明に追われる場面があった。

 会見には、AKS運営責任者の松村匠取締役、NGT劇場支配人の早川麻依子氏、NGT劇場副支配人の岡田剛氏が出席。冒頭では山口やメンバー、父兄、関係者などに対して謝罪した。

 山口は会見中に、5度にわたってツイート(リツイートは除く)。その中で、「私は松村匠取締役に1月10日の謝罪を要求されました」と投稿し、松村氏が「メンバーなので、こういう事実、謝罪を強要することは一切ありません」と否定した。

 また、4度目の投稿では「証拠がないと仰っていますが、犯人グループとの交際を認めたメンバーもいます」と新たに告発したほか、会見終了15分前には「なんで嘘ばかりつくんでしょうか。本当に悲しい」「松村匠取締役が当初言うように考えた文章です」と、謝罪文の記載された画像をアップして、山口が謝罪した1月10日のデビュー3周年記念公演での舞台裏を暴露した。

 これらの投稿でも事実確認を求められた松村氏は、まず「交際を認めたメンバーもいます」とされた内容については「会見が終わって、もう一度ちゃんと読ませていただいてから考えたい」とし、メンバーの責任については当初と変わらず「今回は不問です」と断言。また、謝罪文の存在についても「私があれした(書かせた)ものではありません。他のスタッフによる可能性については分かりませんが、私ではないことは事実」と説明した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年3月22日のニュース