NGT運営、山口真帆の「謝罪強要された」告発ツイートに「一切ありません」

[ 2019年3月22日 14:35 ]

第三者委員会の調査報告書の説明会見の冒頭であいさつする(左から)NGT劇場支配人の早川麻依子氏、AKS運営責任者の松村匠取締役、NGT劇場副支配人の岡田剛氏
Photo By スポニチ

 NGT48の山口真帆(23)が昨年12月8日、暴行被害に遭った事件で、グループを運営する「AKS」は22日、新潟市内で、弁護士3人による第三者委員会の調査報告書の説明会を行った。

 AKS運営責任者の松村匠取締役、NGT劇場支配人の早川麻依子氏、NGT劇場副支配人の岡田剛氏が出席。

 会見冒頭のあいさつで、松村取締役がメンバーの管理やセキュリティー上の不備など組織運営上の問題が事件の背景にあるとし「山口に事故を遭わせ、メンバーや父兄の方の心にも深い傷を負わせたことをお詫びし申し訳ないと思う」と謝罪。第三者委員会からの厳しい指摘の数々について「早急に改善していきたい」と話した。

 また、今回の調査報告書について山口に説明した際の反応や様子について質問が及んだ。「まだ心に傷を負っている。本人が理解し、納得したかどうかについては疑問もあるが、山口とコミュニケーションをとってフォローに努めたい」と松村氏。また、早川氏は、その際山口が「私が言ったことがちゃんと書いていない」と不満をもらしていたとし「(納得できないのは)どの部分を指しているのかは話していないが、『これがすべてだよ』と言われて、『そうですか』と納得している感じではなかった」と振り返った。

 会見中、動画中継を見ていると思われる山口が「私は松村匠取締役に1月10日の謝罪を要求されました」とツイート。この投稿内容の確認を迫られる場面があったが、松村氏は「メンバーなので、こういう事実、謝罪を強要することは一切ありません」ときっぱり。続けて「(報告書の内容には)納得していないんだなということは推測できる。引き続き話し合っていくしかない」とした。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年3月22日のニュース