長嶋一茂 引退のイチローに「“残念です”とかっていうコメントもできない」

[ 2019年3月22日 08:35 ]

タレントの長嶋一茂
Photo By スポニチ

 野球解説者でタレントの長嶋一茂(53)が22日放送のテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜前8・00)に生出演。21日のアスレチックスとの開幕第2戦終了後に現役引退を発表したマリナーズのイチロー外野手(45)について語った。

 番組冒頭、一茂は「僕は次元が違うので、イチロー選手の気持ちは言えないんだけど」と断った上で「とにかく本当に僕は下の方からイチロー君をあがめている状況ですよね。神様だと僕は思っているし、本当に今回のことも称賛、賛辞しかないし、“残念です”とか“まだまだできるんじゃないの”とかっていうコメントもできないです」と話した。

 そして、イチローの引退を「彼の独自の哲学があって、彼の人生の中で野球があって、野球を貫くためにどうやってビジョンを立てて、どうやって自分が進化進歩を遂げて、どうやっていくかというところの中で彼の判断、決断が引退というのがあったわけじゃないですか。これはもう彼しか分からない。気持ちとかっていうレベルじゃないと僕は思ってます」と語った。

 MCの羽鳥慎一(47)から「大丈夫ですか?きょうは、昨日の会見とかこれまでを振り返って、いろいろとおうかがいしていくんですが“言えない”っていうと終わっちゃうんですけど」と言われても、「僕個人のコメントはさせていただきますけど、先に言っておきますけど賛辞、称賛しかないですよ。すごいって言葉を何回言うか書いておいてもらいたい」と真剣な表情で話していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年3月22日のニュース