V6坂本 5月にワンマンミュージカルコンサート第2弾「精いっぱい“愛”をお届けしたい」

[ 2019年3月4日 05:30 ]

音楽監修と編曲を務める作曲家の服部克久氏
Photo By スポニチ

 V6の坂本昌行(47)が、自身約3年ぶりとなるワンマンミュージカルコンサート「ONE MAN STANDING」の第2弾を、5月22〜26日に東京・渋谷のBunkamuraオーチャードホールで行う。

 過去に出演したミュージカルの楽曲をビッグバンドやダンサー、シンガーとともに華やかに披露する舞台。今回は、日本の女性シンガーのヒット曲を中心に選曲される。舞台関係者によると「楽曲の選定はこれからで、まだ誰のどんな楽曲をカバーするかは決まっておりません」というが、ジャニーズ屈指の歌唱力で知られる坂本だけに、日本の歌謡史を彩った歌姫の息吹を、現代によみがえらせる熱唱が期待できそうだ。

 音楽監修と編曲を務めるのは、弦楽アレンジの大家で作曲家の服部克久氏(82)。坂本は「名だたる音楽家の方々、そして素晴らしいオーケストラ!これで舞台は整いました。あとは僕自身、精いっぱい“愛”をお客さまにお届けしたいと思います」と意気込んでいる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年3月4日のニュース