井本彩花 選抜高校野球の応援イメージキャラクターに!「エールが伝わるといいな」

[ 2019年2月21日 12:32 ]

「センバツ応援イメージキャラクター」に起用された井本彩花
Photo By スポニチ

 2017年の全日本国民的美少女コンテストでグランプリを受賞した井本彩花(15)が、3月23日に開幕する第91回選抜高校野球大会の応援イメージキャラクターに起用され、21日に都内での発表会に出席した。

 登場する大会応援ポスターは、井本が球場のスタンドから球児にエールを送る様子を「この一球に気持ちを込めて。」というメッセージとともに表現。「がんばってという思いを込めて」撮影に臨んだといい「私からのエールが伝わるといいな」とニッコリ。開幕まであと約1カ月。「平成最後の大会なので、どのチームも一生懸命がんばってほしいですし、最高の思い出も作っていただきたいです」とメッセージを送った。

 井本は応援イメージキャラクター決定の知らせを事務所の社長から聞いたときは「本当にびっくりしました。まさか毎年、家族と見ている高校野球の応援イメージキャラクターをやらせていただけるなんて」と家族と一緒に喜んだという。

 会見の最後にはキャッチボールを報道陣の前で披露。この日のために「おじいちゃんと練習をしました」とニッコリ。途中、何度かうまくキャッチできない場面があり、「捕れなかったのがくやしい。運動神経のなさがばれた?」と恥ずかしそうに話した。

 井本は4月から高校生に。「わくわくした気持ちもありますが、(地元の京都から)上京してくるので不安な気持ちもあります」と吐露しつつも「高校生活を思いっきり楽しみたいです」と笑顔を見せた。

 「応援ポスター」は2013年の第85回大会で吉本実憂(22)が起用されて以降、小芝風花(21)、小澤奈々花(19)、井頭愛海(17)、岡田結実(18)、玉田志織(17)がイメージキャラクターが務めている。

 井本は国民的美少女コンテストのグランプリ受賞後、17年12月放送の米倉涼子主演の「ドクターX〜外科医大門未知子〜」第5シーズンの第9話のメインゲストとして女優デビュー。昨年10月には連続ドラマ「あなたには渡さない」で初のレギュラー出演を果たした。ほかにCM出演、日枝神社広報大使に就任するなど活躍の幅を広げている。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2019年2月21日のニュース