風間俊介 NHKドラマで“日本一残念な刑事”役に「ワクワクが止まりません」

[ 2019年2月21日 17:48 ]

NHK・BSプレミアムのドラマ「おしい刑事」に主演する風間俊介
Photo By 提供写真

 NHKは21日、俳優の風間俊介(35)が主演を務めるプレミアムドラマ「おしい刑事」(BSプレミアム 5月5日スタート、毎週日曜後10・00、連続4回)の制作開始を発表した。

 同ドラマで風間は、“日本一残念な”押井刑事を演じる。並外れた推理力で犯人を追い詰めるが、いつも最後の最後で事態が大逆転、手柄をあと一歩で逃し同僚に横取りされてしまう“惜しい刑事”を演じる。

 風間は「脚本を読んだ時から、ワクワクが止まりません。登場する、どのキャラクターも魅力的で『脚本に描かれていない時の彼らは、どんな会話をしているんだろう』という妄想が止まりません」とコメントし、脚本の段階から楽しみだったことを明かした。また「撮影が始まれば、このキャラクターたちが実際に動き出し、自分自身もその一部になることが出来る。こんな幸せなことはありません。そして、この作品が皆様に届く時、幸せに出来るよう全力で取り組もうと思います。お楽しみに」と意気込みを語っている。

 「おしい刑事」は主演の風間の他、犬飼貴丈(24)、石川恋(25)、鶴見辰吾(54)、佐野史郎(63)らが出演する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2019年2月21日のニュース