吉岡里帆 伝説の書に「大感動!!」

[ 2019年1月16日 05:30 ]

顔真卿展の作品を鑑賞する吉岡里帆(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 女優吉岡里帆(26)が15日、東京・上野の東京国立博物館で開催される特別展「顔真卿(がんしんけい)―王羲之を超えた名筆―」(毎日新聞社ほか主催)を鑑賞した。

 特別展はきょう16日から2月24日まで開かれる。公開初日を前に数々の書を堪能し「学生時代に学んでいた作品が世界中から集まっていて大感動しました!」と笑顔。

 自身も小学2年から書道に親しんでいるだけに「書道の作品だけをメインに本物を見られる機会は圧倒的に少ない。今回は今までにない見せ方をしていて、興奮した。より顔真卿を好きになる美術展だと思う」と笑みを浮かべた。

 この日が26歳の誕生日。約2時間、たっぷりと作品を堪能したことで「(自分への)お誕生日プレゼントになりました」とうれしそうだった。

 公開初日へ向け「学生時代から学んでいて、顔真卿はやはりスター。柔らかい肉厚の書は人の気持ちを温かくし、背中を押してくれるはず」とPRした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2019年1月16日のニュース