JOY「彼女いるからまずいな」 番組アシスタント口説いた過去暴露され…

[ 2019年1月16日 21:38 ]

MBSテレビ「メッセンジャーの○○は大丈夫なのか?」で爆笑トークする(左から)アントニー、JOY、ゆきぽよ、あいはら雅一、岡田紗佳、黒田有
Photo By 提供写真

 MBSテレビ「メッセンジャーの○○は大丈夫なのか?」(木曜後11・56)の17日放送にJOY(33)、アントニー(28)、ゆきぽよが登場。MCのメッセンジャー・黒田有(48)、あいはら雅一(49)、アシスタントの岡田紗佳(24)と爆笑トークを繰り広げる。

 自前の衣装がかぶったJOYとアントニー。JOYは「本当にわざとじゃない。偶然です」、アントニーは「JOYの楽屋行った際に、カバンから服がちらっと見えてドキッとした」と明かして番組はスタート。まずは、「美しすぎる市議」や「美しすぎる棋士」など、一時期各界で美しすぎる女性が話題となり、メディアでもてはやされたが、チヤホヤされすぎて人生がめちゃくちゃになっていないか、現在はどんな人生を歩んでいるのかを調査する。

 1人目は、情熱大陸にも出演した美しすぎる海女さん。年間50本もTVに出演したが、実際に話を聞きに行くと「黒田さんとはちょっといろいろあって知り合いなんです」と意味深な笑み。アントニーは「大阪中の女といろいろあるじゃないですか」と突っ込む。彼女は、黒田と何かあったのか?今も海女さんを続けているのか。2人目は、両親ともに忍者という美しすぎる女子高生忍者。当時は学校の先生にもいじられていたそうだ。

 一方、JOYがちやほやされていた時とそうでない時のスタッフの対応の差を暴露。黒田は「それ東京だけちゃう?関西のスタッフは東京から来たってだけで緊張しよる」と説明した。

 続いて「好きすぎて自宅にそんなものを作ってしまって大丈夫なのか?」。趣味の範疇を飛び越えた度を超すものを自宅に作ってしまった1人目は、京都に住む中小企業の社長・山本さん。200万円かけて理想のウッドデッキを作ったり、マグロ用の釣り竿などが並ぶが、山本さんが好きすぎて作ったものは驚きの大きさ。2人目の京都在住・爲さんは、荷台に家のある軽トラックで登場。スタジオの全員が「変人だ」と驚く。また、スニーカー収集家のアントニーが自慢の逸品を写真で披露。ゆきぽよがパラパラ好きの小泉マネジャーを紹介。日本でパラパラを流行らせた張本人だそうだ。

 エンディングトークでは、アシスタントの岡田がJOYに口説かれた過去を暴露。JOYは「今、彼女いるからまずいなコレ」と焦った顔を見せ、爆笑を誘った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2019年1月16日のニュース