TOKIO松岡「恥ずかしい」獅童に間違われサングラス外すも 今度はアノ人だと…

[ 2019年1月5日 13:24 ]

「TOKIO」松岡昌宏
Photo By スポニチ

 TOKIOの松岡昌宏(41)が4日放送のテレビ朝日「徹子の部屋」(月〜金曜正午)に出演。自身の知名度について「まだまだ浸透していないな」と思ったというホロ苦エピソードを明かした。

 お題トークで「最近恥ずかしかったこと」を披露。サングラスをしている時に歌舞伎俳優の中村獅童(46)に間違われることが多いとして、サングラスをかけて飛行機に乗った際の最近の出来事について語り始めた。

 横に座っていた年配の夫婦が「あら、あれじゃない?歌舞伎の…ほら」と話していたことから「また獅童さんに間違われているのかと。でもさすがに獅童さんに思われたままでも失礼かなと思って、サングラスを外したんです」。すると先ほどの夫婦は「TOKIOの方だったのね、ごめんなさいね」と自身が勘違いしていたことに気付いてくれたという。ただ、直後に言われたのが「いつも応援していますよ、長瀬さん」。

 サングラスを外したにもかかわらず、今度はメンバーの長瀬智也(40)に間違われ「恥ずかしい。なんのためにサングラスを取ったのか…」。最後は「まだまだ浸透してないな、松岡。頑張らなきゃな、松岡。何が恥ずかしいって、隣のお客に大笑いされたことですよ」と話して、MCの黒柳徹子(85)を笑わせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年1月5日のニュース