沢村一樹“エロ男爵”封印宣言「今年こそ…なかったことにしたい」

[ 2019年1月5日 18:52 ]

京都・太秦の撮影所で餅つきを行った沢村一樹(右)と滝本美織
Photo By スポニチ

 俳優の沢村一樹(51)が5日、京都東映撮影所(京都市右京区)で1月10日スタートのテレビ朝日系ドラマ「刑事ゼロ」(木曜後8・00、初回は2時間スペシャル)の制作発表会見に出席した。

 20年間の記憶が消えて捜査のノウハウなどすべてを失い、鋭くなった五感や洞察力で難事件を解決していく刑事役。共演・横山だいすけ(35)の「“だいすけお兄さん”の色は一切消してゼロの気持ちで始める」という笑顔封印宣言に触発され、「僕も今年こそエロキャラをなかったことにしたい」。“刑事エロ”ではなく“刑事ゼロ”を強調し、笑わせた。

 会見前には共演の女優・滝本美織(27)と餅つきを行い、「子どもの時以来で楽しかった」と笑顔だった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年1月5日のニュース