坂上忍、ついに猫を飼う「真実味はないかもしれませんが…最後の子」愛犬は13匹

[ 2019年1月5日 21:18 ]

坂上忍
Photo By スポニチ

 俳優の坂上忍(51)が5日、自身のブログを更新。すでに一緒に暮らしていた13匹の愛犬に加えて保護猫1匹を家族に迎え入れ、「山本ちくわ」と命名したことを発表した。

 数日前からブログにこの猫を登場させていた坂上は「我家の14男坊さんですが……。名前は、山本ちくわと申します」と紹介。「生まれてすぐに、捨てられていたところを保護されたとか。当初は、骨と皮で生きているのが不思議なほどの体重だったそうです」と保護猫だった「ちくわ」の生い立ちを明かした。

 実は、昨年12月に新たに迎え入れたと発表していた13男坊と呼ぶ愛犬「平塚コウタ」と同時期には坂上家に来ていたという「ちくわ」。13匹いる愛犬にたった1匹、猫が加わるということで保護団体との間でトライアル期間が設けられていたため、正式譲渡が決定した年明けの発表となった。

 17年6月に家族になった、左前脚のない「筑波サンタ」を迎え入れた際に「最後の子」としていた坂上は「平塚コウタ」を迎えた際にも「最後の子」と強調していたが、「ここまで来ると、真実味はないかもしれませんが……。ほんとうに、最後の子でございます」と再び強調。「ほんとうにほんとうに……坂上家としては最後の子でございます」と言葉を重ねた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年1月5日のニュース