×

羽生善治九段 本人役でドラマ出演!玉木宏主演「盤上のアルファ」97年朝ドラ「ふたりっ子」にも

[ 2019年1月3日 13:00 ]

BSプレミアムのドラマ「盤上のアルファ〜約束の将棋〜」に本人役で出演する羽生善治九段(左)と主演の玉木宏(C)NHK
Photo By 提供写真

 将棋界の第一人者・羽生善治九段(48)がNHK BSプレミアム「盤上のアルファ〜約束の将棋〜」(2月3日スタート、日曜後10・00、全4回)の初回に本人役でゲスト出演することが3日、分かった。1996年2月、25歳の若さで将棋界初の全7タイトル独占を達成。翌97年、連続テレビ小説「ふたりっ子」の最終回(4月5日放送)に本人役でドラマ初出演し、大ヒットに華を添えた。今回も大きな反響を呼びそうだ。

 原作は傑作ミステリー「罪の声」などで知られる作家・塩田武士氏の同名小説で、塩田作品初の映像化。オレ様的な性格が災いして花形社会部から文化部将棋担当に異動となった新聞記者・秋葉(玉木宏)と、プロ棋士(四段以上を指す)を目指す33歳の真田(上地雄輔)、復活を期す2人の男を中心に描く。最高視聴率31・9%、期間平均視聴率29・0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と大ヒットした1996年後期の連続テレビ小説「ふたりっ子」以来、約22年ぶりにNHKが将棋界を舞台にしたドラマを制作した。

 NHKは「ふたりっ子」最終回の切り札として羽生九段と出演交渉。当時は王将戦と棋王戦を並行し、スケジュール調整は難航したが「将棋が題材のドラマだし、自分でもできる範囲で協力したい」と快諾し、実現。羽生九段はドラマ初出演を果たした。

 今回の「盤上のアルファ」は昨年のうちに収録済みで、羽生九段は新聞記者・秋葉のインタビュー相手役として本人役で出演。他に加藤一二三・九段(79)が本人役で第2話(2月10日)に、森下卓九段(52)が水上九段役で第3話(2月17日)に、同じく取材相手として登場。対局相手としては、門倉啓太五段(31)が原八段役で第2話に、竹俣紅女流初段(20)が飯倉陽菜二段役で最終回(2月24日)に出演する。

 豪華棋士のゲスト出演について、制作統括の佐野元彦氏は「将棋界を代表する棋士の方々にご出演いただくことができ、本当に光栄です。将棋が大好きな方も、将棋が少し気になっている方も是非お楽しみください」と呼び掛けている。

 羽生九段は97年、「第46期王将戦七番勝負」第3局で挑戦者・谷川浩司竜王に3連勝し、初防衛に王手をかけた翌2月1日、大阪市福島区の関西将棋会館で「ふたりっ子」の収録に参加。畠田理恵夫人(48)は90年後期「京、ふたり」のヒロイン。夫婦揃っての朝ドラ出演となった。

 最終回の設定は2005年、羽生名人に女優の岩崎ひろみ(20=当時)演じるヒロイン・香子が挑む夢の対局シーン。予定時間を30分オーバーし、約1時間半、10カットをこなし「女性と盤に座ることはないので、厳しい表情をするのが難しくて」と照れくさそうな表情。岩崎の「将棋と違って撮り直しができますよ」の言葉には「あ、待ったあり、ですか」と満面に笑み。岩崎とは記念撮影、サインを交換するなど終始リラックスのドラマ初体験となった。

 羽生九段は昨年12月21日に竜王を失冠し、27年ぶりに無冠となった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2019年1月3日のニュース