中村福助 復帰後初の“兄弟共演”観客から万雷の拍手

[ 2019年1月3日 06:15 ]

『吉例寿曽我』(奥左から)局久須美=中村芝のぶ、工藤奥方梛の葉=中村福助、局宇佐美=中村梅花、(手前左から)小林妹舞鶴=中村児太郎、曽我箱王=中村芝翫、曽我一万=中村七之助(C)松竹 
Photo By 提供写真

 歌舞伎俳優の中村福助(58)が2日、東京・歌舞伎座で初日を迎えた「壽 初春大歌舞伎」(26日まで)に出演し、昼の部の「吉例寿曽我」で弟・中村芝翫(53)と復帰後初の“兄弟共演”を果たした。

 13年11月に脳内出血を発症。昨年9月に舞台復帰し、この時は座りながら数分ほど出演していた。この日は10分以上にわたる演技。終盤には立ち上がって見えを切る動きも見せ、約2000人の観客から万雷の拍手が送られた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年1月3日のニュース