Mrs.GREEN APPLE 高校サッカー応援歌手掛ける「がむしゃらで楽しかったなと…」

[ 2018年10月16日 06:34 ]

日本テレビが中継する第97回全国高校サッカー選手権大会の応援歌を手がける「Mrs. GREEN APPLE」のメンバー
Photo By 提供写真

 若者を中心に人気のロックバンド「Mrs. GREEN APPLE(ミセスグリーンアップル)」が、日本テレビが中継する全国高校サッカー選手権大会(12月30日開幕)の応援歌を手掛ける。

 新曲のロックバラード「僕のこと」。高校生に送る人生賛歌で、10代特有の感情を詞に乗せた。ボーカルの大森元貴(22)が過去の試合映像や、ロッカールームで涙する選手たちの映像を見て書き下ろした。タイトルは「一人一人の思いが重なってチームになっていく」という思いを込めて付けた。

 勝負に対して曲を書いたことがなかった大森。「勝敗が存在する瞬間に対して楽曲を制作するのは難しくて、でも無責任な言葉はつづりたくない。選手は人生を懸けてるので、僕らも向き合わなきゃならない」と挑んだ新境地。完成させたのは勝者も敗者も肯定する曲だ。

 ハイトーンで歌うサビには「ああ なんて素敵な日だ 幸せと思える今日も 夢敗れ挫(くじ)ける今日も」と両者の気持ちを代弁する詞をつづった。大森は「大人になって振り返った時に、がむしゃらで楽しかったなと思えるような曲に」と話した。

 15年にメジャーデビューしたミセスは、ティーンを中心に人気を拡大。NHK紅白歌合戦への出場も期待されている。今回のオファーも、絶大な人気を受けてのものだ。

 バンドを結成したのは高校時代。大会出場を目指す高校生たちに向けて大森は「毎日、無駄なことなんて何もない。挫折してダメだと思うことも何かにつながっていくので、頑張ってほしいです」とエールを送った。決勝戦が開かれる来年1月14日、会場の埼玉スタジアムで同曲をライブで披露する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年10月16日のニュース