上原多香子 舞台演出家コウカズヤ氏と再婚 第1子12月に出産予定

[ 2018年10月11日 05:30 ]

2人が出会った舞台「光と影からの恵み」の稽古前の上原多香子(右)とコウカズヤ氏
Photo By スポニチ

 SPEEDの上原多香子(35)が再婚し、第1子を妊娠していることが10日、分かった。お相手は舞台演出家、コウカズヤ氏(41)で、大安の9月13日に婚姻届を提出。第1子は12月末に誕生する予定だ。

 コウ氏は10日、フェイスブックで「私、コウカズヤこと高山和也は、かねてよりお付き合いさせていただいていた方と既に入籍し、妻のお腹(なか)には念願であった子供も授かりました」と報告した。昨年4月、コウ氏が脚本・演出を手掛けた舞台「光と影からの恵み」で上原が主演し、2人はすぐに意気投合。交際に発展した。

 上原は12年8月にヒップホップユニット「ET―KING」のTENNさん(享年35)と結婚したが、約2年後の14年9月にTENNさんが自殺。悲しみを乗り越え、15年に芸能活動を再開した。しかし昨年8月、TENNさんの自殺の原因が上原の不倫にあったと週刊誌に報じられた後、気持ちの整理をつけるためとして期限を設けずに活動を休止した。

 コウ氏は「誰が何と言おうと、僕は妻と産まれてくる子供を守りたいと思っております。家族を守ります。もしも家族に、他者からの攻撃が降りかかることがあれば全力で僕が盾になります」と記した。上原は現在も活動休止中で新生活を始めているとみられる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2018年10月11日のニュース