DA PUMP 大ヒット「U.S.A.」で16年ぶり紅白狙う!

[ 2018年10月11日 05:30 ]

「U.S.A.」の「いいね」ダンスを披露するDA PUMP
Photo By スポニチ

 「U.S.A.」が大ヒットし、ダンスの振りまねが社会現象になっている7人組「DA PUMP」が10日、東京国際フォーラムで一夜限りのスペシャルライブを行った。

 ファンに感謝の気持ちを伝えようと「今年最初で最後のライブ」として、急きょ開催を決定。いきなり「U.S.A.」でスタートすると、総立ちの5000人からは悲鳴に似た歓声。♪カーモンベイベー、アメリカ…のサビに合わせた「いいね」ダンスは、客席のファンも一緒になって踊り、ボルテージは最高潮に達した。

 ボーカルのISSA(39)は「この曲のおかげでいろんな人に知ってもらえたし、デビューからずっと離れずに付いてきてくれたファンがあってこその現象。感謝の気持ちしかない」と、超満員の客席を感慨深げに見渡した。30〜50代の長年のファンに交じって10〜20代の姿も。幅広い世代に人気が広まっており、チケット5000枚は発売日に即日完売した。

 環境がガラリと変わった1年だった。「U.S.A.」は3年半ぶりの新曲として6月に発売。懐かしのユーロビートにコミカルな歌詞を乗せた歌を、ボーカルとダンスのスキルが高い7人が真剣にパフォーマンスすることで「ダサカッコいい」と評判に。ミュージックビデオの再生回数は9000万回を突破し、1億回が視界に入った。

 民放4局の音楽特番でも出演するたびに話題が広まっていった。メンバーのDAICHI(29)は「『U.S.A.』は魔法の歌。いろんなところに連れて行ってくれる」。年末に向けて期待されるのは、NHK紅白歌合戦の16年ぶりの返り咲き。

 4人組だった旧体制時、98〜02年に出場した。ISSAは取材に「自分は5回も出させていただいた華のあるステージ。みんなと一緒にまたあの景色を見たい」と力を込め、再出場を願った。

 《マッチにサザン…過去の“返り咲き”》紅白に返り咲いたケースでは、2015年に近藤真彦(54)が19年、X JAPANが18年ぶりに出場した。12年には舘ひろし(68)が28年、由紀さおり(69)が20年ぶりの登場で話題になった。11年には千昌夫(71)が22年ぶりに歌声を響かせた。紅・白の枠を超えた特別枠、企画枠では昨年、安室奈美恵さん(41)が14年ぶりに出演。14年の紅白ではサザンオールスターズが31年、中森明菜(53)が12年ぶりに出演した。

 今年の紅白ではDA PUMPのほかに、NHK連続テレビ小説「まんぷく」の主題歌を担当するDREAMS COME TRUEの5年ぶりの出場が有力視されている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2018年10月11日のニュース